iPhone5sのバックアップを取ろうとしたら、iOS12.5.3が降ってきた

こんな古い端末にまでセキュリティアップデートが降ってくるとは…

iOS/iPadOS 12.5.3は、iOS/iPadOS 14.xのサポートされない、iPhone 5siPhone 6/6 Plus、iPad Air、iPad mini2、iPad mini3、iPod touch第6世代が対象です。]

このアップデートには重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。
Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

セキュリティノートによると、WebKitにおける複数の問題が修正されています。
悪意を持って作成されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある問題が修正されており、Appleはこの問題が積極的に悪用された可能性があるという報告を受けているとしています。

iOS12.5.3とiPadOS 12.5.3が配信開始 iOS/iPadOS 14がインストールできないiPhone/iPad向け【更新】 - こぼねみ

iOS 12 のアップデートについて - Apple サポート
なんだかんだ言って、セキュリティ関係のサポートが手厚い印象ですね。
アンドロイドは、Googleがいくら頑張っても、メーカーのサポートがないとだめですからね。

七転八倒

さてアップデートしようとしたら、iPhoneに見慣れない画面。
iTunesiPhoneを刺すような指示。
いつまでたってもダメな状態。
電源ボタン+ホームボタン長押しでもまた同じ状態を繰り返すありさま。
これはだめだ。
いろいろ焦って検索したら、次のページにたどり着きました。
iPhone、iPad、iPod touch をアップデート/復元できない場合 - Apple サポート

  1. iTunesを開きなおす
  2. iPhone5sの電源ボタンとホームボタン長押し
  3. iTunesで「アップデート」を選択(「復元」を押してはだめ)
  4. アップデートが試みられる

これでどうやらアップデートがなされた模様。
もうどうなっているのやら。